スマホ料金節約方法についてのハウツーサイト

まず、自分は携帯の維持費を安くしたいと考え、simフリーのスマホを持っていました。

 

自分が使っていた格安simプランは制限はありますが、とても維持費が安く済む物でした。

 

外でインターネットをするにつれて、転送速度を遅い事にストレスを感じるようになり、そこで、自分は別のプランも試してみようと思い立ちました。

 

格安simには様々なプランがあり、提供会社も合わせて見ると、数えきれない程のプランがあります。

 

その中にも、通信料が速く、無制限のプランなども存在します。

 

格安simには、ケータイのキャリアとは違い、こうした便利なプランに、すぐに変えられるという大きな強みがありますね。

 

さっそく変えて使っていますが、ネットの速度は大幅に増大しました。

 

しかし、時間帯の制限などもある場合があるので、そこはきちんと注意しなければなりませんね。動画サイトなどだけ制限を掛けている場合があるので、そうした記載が載っていない場合もあります。

 

こうしたプランは、まず事前にネットのレビューサイトの記事などを探しておくといいと思います。

 

やはり、無制限のプランでも、時間帯の制限は避けられませんね。ですが、今は通信設備の増強などで、日々そうした問題を解決しようと進んでいます。

 

ケータイのキャリアで、維持費を安くしようとするならば、やはり格安simのプランの多さ、その多様性は魅力的な物に感じますね。

 

競合も常に存在し、安い物では400円以下でネット接続が可能となる物まで存在しています。

 

ドンドンと新しいプランが出てきているので、自分にあった魅力的なプランや提供会社を見つけると、とても維持費を安く保ったままネットにいつでも接続できるようになると思います。

 

いろいろ存在するプランを試しながら、自分に合った新しいプランが見つかる日が来ることを楽しみにしたいです。

auで毎月約7,000円通信料を支払っていましたが、料金が高くて家計を圧迫していたので何とかしたいと思っていました。そこで今月で2年の更新月となるため、思い切って格安スマホの楽天モバイルに乗り換えしました。格安スマホはいくつかの業者がありますが、楽天モバイルにしたのは元々楽天市場をよく利用していてポイントなどの仕組みに理解があり信頼しているので、他の格安スマホよりも受け入れやすかったからです。また、自宅の近くに楽天の実店舗があったのでそこで手続きをすることができました。

 

通常はネットでの手続きとなりますが、ネットでの手続きとなると、郵送での手続きとなるためナンバーポータビリティの場合数日間使用できない期間が発生します。ここが受け入れられる人はネット手続きすれば、キャンペーンでポイントのバックも多くよいかと思います。楽天モバイルに乗り換えたおかげで、月々7,000円の通信料が1,600円となります。通話はほとんど利用しないためこの料金となりますが、もし電話を使用する場合、通話料は別途かかります。しかし、料金が半額扱いとなる楽天でんわや、アプリを持っている同士の通話が無料になるバイバーというアプリを使用することにより、通話料もauなどの基本料金よりも抑えることができます。

 

またバイバーというアプリは、現在は固定電話への通話料金も無料となるキャンペーンを行っているのでお得です。こういった他の機能も組み合わせることで総額の料金を抑えることができるので、乗り換えたことによる不具合はありません。ドコモの回線を使用しているため、通信も速く、好きなエクスペリアの機種もそのまま使用しています。こういった格安となる仕組みをよく理解した上で利用できるのであれば、乗り換えはとてもよいと思います。

仕事用にスマホが必要になり、大手3キャリアと格安SIMの検討をし、最終的にはUQ mobileと契約した経緯を話したいと思います。

 

仕事用としての使用方法は主にデータ通信でした。大手キャリアはデータ定額を契約すると6000円程かかります。そのため、予算からかけ離れていたので採用できませんでした。そこで最近、話題の多い、格安SIMに考えを移しました。すると3000円も払えば充分に活躍できることを知り、検討基準を格安SIMに移しました。

 

あれこれ検討し、最終的にはUQ mobileが残りました。

 

私のメインで使用しているスマホはauです。今のスマホとも互換性があるということでこちら決めました。

 

私が使用している機種はiPhone 5Cです。バージョンアップはしてませんでしたのでとてもお得に使用しています。SIMトレーの出し入れのため、iPhone用のピンを毎回持ち歩いています。ただ、これを持ち歩くだけで料金がauの6分の1になるのですからやらない手はありません。そして、正直、契約するまで疑いの目で見てた速度の部分ですが速いです。普通にauの4GLTEと変わりません。ごく稀に遅いときがありますが本当に早く、大満足です。

 

メイン回線のauがとても高く感じます。ではUQ mobileは悪いところがないのかというと一つだけありました。これは私含めた、少数派だと思いますが1点だけです。それはauかんたん決済などのキャリア決済ができないことです。最近では携帯電話決済が世の中では出回っていますがUQ mobileにはそのような手段がありません。アップストアで決済したいときはauかんたん決済を利用していましたのでその点だけが手間を感じました。その分は格安で使用できることを考慮すればまったく問題のない部分です。

 

私はデータ高速プランを利用し、3GBまでは980円で利用できています。仕事では動画を見たりしないのでとても使いやすく、お金もかからず満足して利用できています。

スマホ料金節約口コミ-01

3月に楽天モバイルの格安SIMの契約を行いました。もともと携帯電話会社のスマートフォンを利用していましたがデータ利用上限3G契約のため、どうしても月内に足りなくなることがあり困っていました。

 

正直、通話機能は必要がないのでデータ通信だけ利用できたらいいなというのが本音でした。そこで見つけたのが楽天モバイルです。もともとインターネットサービスは楽天グループでまとめて利用していたのでとにかく利用しやすいと思い、しぼったわけです。

 

3Gで1000円弱、5Gでも1500円弱という格安なプランがあり、さらにエリアもドコモのLTEということで安心して利用で来るところがポイントでもありました。

 

当初はスマートフォンをガラケーに変更して追加で楽天モバイルのスマートフォン契約も検討したのですが2台持ちというのが実際に生活を考えたときに面倒だなという感覚があったのです。また、通話機能というところはほとんど利用せず、Facetimeの利用やLINEで済むというのが現実ということもあってガラケーの契約をやめたのです。

 

さて、実際に格安SIMを利用しての感想です。

この格安SIMは日常持ち歩くわけではなく、通常の携帯電話会社のデータ上限を超えそうな時に持ち歩くだけでいいのでそれほど問題はありません。多少SIMカードの入れ替えは面倒でありますが1か月に1回のことなのでそれほど問題にもなりません。また、当初は3Gの契約にしましたが、実際に容量を超えそうになったのであれば月内でもプラン変更ができる魅力もあります。

 

おそらく今のペースで使い続けると毎月8G程度の利用になる見込みです。当初は3Gの契約でスタートしましたが来月あたり、プラン変更をしていこうかなと考えている次第です。

先日、海外旅行へ行ってきたのですが、宿泊先のホテルで料金に関するちょっとしたトラブルがあり困ってしまったのですが、宿泊したホテルのフロントは日本語が分かる人が一人も居らず、英語でやり取りをするしか有りませんでした。

 

朝で慌ただしい時間帯ですが、英語を聞き取ることが不可能なので、適当な単語を紙に綴って説明をしたり、なんとか相手にこちらの言い分を伝えようと悪戦苦闘したのですが、英語が分からないし相手に自分が伝えたいことを上手に説明することも全く出来ず、時間が過ぎていくばかりで本当に困り果ててしまったのです。

 

私は英語が学生時代からあまり好きでも得意でもなく、就職してからは英語とは全く無縁な生活を悠々と過ごしてたので、簡単な英会話すらも不可能な状態で、すっかり英語を忘れてしまっていたのです。

 

海外では英語が出来ないと本当に苦労するものだと痛感しました。

 

悪戦苦闘しながらメモ片手にやり取りを続けていたのですが、たまたまチェックアウトするためロビーに着た見ず知らずの日本人の女性が、様子を見かねて通訳をしてくれました。

 

英語が上手な日本人の旅行客が来てくれて、互いのやり取りを簡単に通訳してくれて、無事料金トラブルを解消出来て本当に感謝しました。

 

お礼をしようとしたのですが、すぐに颯爽とどこかへ向かわれたので一期一会の出会いになってしまったのですが、あの時の日本人の女性は恩人だと心より思ってます。

 

海外では飲食店での注文や両替の際などでも絶対に英語を話す必要性があることも多いですし、ホテル以外でも何度か困ったり英語ができなくて不安な思いをしたので、やはり海外旅行するなら最低限の旅行 英語の能力は持っておきたいなと思いました。

続きを読む≫ 2016/05/05 01:03:05 日記